読む前にクリックいただけると幸いです。

【FC事業前④】人にはそれぞれバックグラウンドがある

こんにちは。

私はもともと人材派遣会社のマネージャーでした。つまりどなたか登録していただき、その方を必要としている企業に派遣するという仕事です。

ある時期に会社全体で売上が下がり、社員も次々退職。会社全体に非常に重い空気が流れていました。

そんな時、偶然にもライバル会社で勤務していた2人の男性が転職してきました。

その退職先での上司部下の関係であったらしく、2人同時に退職してきたとのことでした。私の上司としては「ライバル会社の取引先も手に入る。売上が上がるな!」と期待していました。

初めは売上も急上昇でそれいけどんどん!という感じでしたが問題が発生しました。

私やその部下が担当している企業と、その2人が担当していた企業で重なる企業が多く、つまり

「この企業は俺の担当だ!!!」という状況になりました。

こちら側で話を進めていた派遣話がいつのまにかその2人が裏で進めていたり、また私と部下もそれに頭に来て2人に伝えず出し抜いたこともありました。対立感ハンパない。

また仕事のスタイルも私はゆっくりと信頼関係を作って企業を獲得していくタイプに対し、その2人はいわゆる体育会系でテレアポはする、飛び込み営業はするで、いわゆる○クルート系です。派手に見えました。すごいですよ、彼らのテレアポ。大声で

「えー、株式会社ほにゃららの者です!今、そちらの会社の近くにいるんですけどー!」

よく営業のする手ですね。近くには実際にはいない。いつも私は

「ちっ!うるせーな!!!」と心の中で思っていました。

結局社内が2つに割れたため、社長自らがなんと赤坂の料亭に私や部下、その2人で仲直りの宴を設けてくれたのですが、もう罵倒のしまくりで、目の前に出ていた松茸料理はまったく手をつけませんでした(笑)

後述しますが、結局私と部下が辞めていくことになります。今思えばですが人にはそれぞれバックグラウンド(背景)があり、それを理解していればなぁと今でも思います。

今、日本は空前の人材採用が難しい時代で現時点で有効求人倍率は1.62倍。つまり特に選らばなければ日本人には1件以上の求人があり、どこでも就職ができる時代です。(私は選びますがー)

コンビニを見れば私は関東圏に住んでおりますが、ほぼ外国人のスタッフで日本人が逆に少ない。景気がまま良いので、日本人がコンビニでの就業を望まないわけです。牛丼チェーンもしかりです。現在コンビニや牛丼チェーンで働いている日本人の方を否定しているのではありません。

このような時代だからこそ、皆様も外国人の方と働くことがあるかもしれません。

生まれた国も違う、文化も違う、言葉も違う。同じ日本人同士だって中学卒の方も入れば大学卒の方もいる、男女の違い、ひきこもっていた方、DVを両親から受けていた方、精神や身体障害を持つ方、同業でも仕事の流れが違う。

だからこんな時代だからこそ、相手のバックグラウンドを理解してチームワークを発揮することが仕事には重要かと思います。

その2人に対して、私はその当時は外見を見るのも嫌でしたが、今思えばもっとお互い仕事のワークスタイルを理解するべきだったと反省しています。飲みにでも行ければ良かったなーと。

【ポイント】
お互いそれぞれの背景を理解し合い、チームワークを組んで仕事をしていくことが重要。組織で働くのが嫌ならフリーランスや独立をした方がよい。

誰だって嫌いな人はいるものです。だって人間だもの(みつを風)

また次回、よろしくお願いいたします。

コメント


ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました