読む前にクリックいただけると幸いです。

【FC事業前⑤】転職は簡単にしてはいけない!

こんにちは。
前回は仲直りの為に社長が設けてくた宴の席で、お互い罵倒しまくりだった話まで書きました。
今回はその続きになります。

まつたけ崩壊の宴その後

結局「まつたけ崩壊の宴」(そう命名してます)で仲直りできなかった私とその部下。まず部下が数日後に「退職願」を提出、1ヵ月後に先に退職することになりました。

退職経験のある方ならお分かりかと思いますが、もう辞めるとなったらモチベーションゼロ!!!全くやる気なし!!!その部下も朝出社すると

「いってきまーす!」

とまんが喫茶に直行です(笑)

私も早々に退職する決意でしたがやはり2人同時に辞めるのはさすがに社会人のモラルに反すると思い、引継ぎもある関係で3ヶ月先に退職を延ばすことにしました。

会社からすれば当然私は退職意志は無いと思っているわけですが、私は着々と退職準備を開始。せっせと履歴書を送付したり、親しい企業に自分を売りこんでいました。

そんなある日、その部下が「転職先決まりました!派遣の仕事です!」と、同業他社に決定したのかなと思ったのですが、ある企業内で派遣事業部を新規に立ち上げるために入社してほしいと言われたとのことでした。

その話の中で「〇〇(私のことです)さんにも来て欲しいと言われています。ぜひ3ヶ月後にウチに来ませんか?」と誘われました。なぜか嬉しくなりました。こんな自分でも認めてくれる企業があるんだなぁと。

これも後述いたしますが、実は退職したあとその部下の入社した企業には入社できずになんと日雇い派遣へ転落、風俗に近い仕事もして人生の底辺を経験した1年半を過ごすことになります。日雇い派遣時代はかなり内容が濃くて笑ってしまう内容が多いです。こちらも後述します。

就転職相談

このブログ自体はフランチャイズへの転職を検討している方に参考になるかも知れませんが、私は現在副業で「就転職相談キャリアカウンセラー」としてセミナー講師をしています。そのため、就転職に悩んでいる方の参考にもなると嬉しいです。

現在どんな仕事でも結構です。辞めたいと思ってもまずはどなたかに相談をすることです。

就転職活動って大変じゃないですか。履歴書の作成や志望動機を考えたり、夏に活動だと汗はダラダラ流れる、交通費もかかる、場合によっては何十社と応募してようやく1社の内定を得たり。良く祈られますよね、

「この度はご縁がありませんでしたが、今後の○○様のご活躍をお祈り申し上げます」

なんど祈られるのかと。私は神じゃない(笑)

でも人ってその時の苦労を知っているのに、退職するときはスパッと簡単に決断する。退職をするとまたイチから人間関係を作ったり仕事の流れを覚えなければならない。

お給料だって前職と同じであれば良いけど下がるかも知れない。転職して給料が上がるのは転職先が求めている以上のキャリアがあってのこと。大変ですよ。

職場に不満や人間関係があるのは十分に分かります。であれば前述のブログのように相手を理解することが重要ではないかと。それでも耐えられないなら退職を決断しましょう。私の友人は耐え切れず「うつ病」になり、38才にして「精神障害者手帳」を交付され、この年で既に年金をもらっています。体が言うことをきかず働けないのです。だから相談するべきだったんです。その友人は相談するのが恥ずかしいと思うタイプで、全て抱え込んでいました。自分で何でも解決しなければ,,,, とは思わない方が良いかと思います。

ポイント

退職は簡単にできる。でも入社前の就転職活動の大変さを思い出してみましょうよ!
転職したら大抵はその会社で立場は一番下。今の会社のポジションで頑張る方がラクなのではないでしょうか?まずは悩んだら身近な方に相談してみましょう。

私は簡単に正社員でマネージャーという立場を捨てて、日雇い派遣へ転落しました(笑)

また次回、よろしくお願いいたします。

コメント


ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました