【40代とお金】FXの基礎を勉強

マネーパートナーズの自動売買でマイナスを抱えてから、このまま続けるのかやめるのか考えました。

結論、やめないことにしました!

FXの基礎から勉強

無知では儲けることができないことは分かったので、
ちゃんと勉強したらどうなるかみてみるのも面白いかなと思いまして。

さぁ、なにを勉強しようかなと考えた時に浮かんだのは

みんな何を基準に買い売りのタイミングを判断してるのかしら??

あたり前の話なのですが、自分はまったくそれが分からない・・・
当たる当たらないはあるでしょうが、何を根拠にしているのか知りたいのです!

そこで、Googleで「買いタイミング」で検索。

よく目にするのは「テクニカル分析」「チャート分析」などなど。
正直、読んでも理解できないっす。。。

そもそも、移動平均線ってなんのためにある?短期、中期、長期でなんで分かれているの??
スワップポイント狙いだったので、全然勉強してませんでした。。。

ということで、基礎から勉強することにしました。

移動平均線とは?

移動平均線についてGoogleで検索すると、動画が上位に表示されるんですよね。

これが書籍やサイトよりも分かりやすい!!

説明している内容は書籍やサイトと変わらないとはずですが、自分には動画の方が合ってたのではないかと思います。

いくつか動画を観ましたが、fx neet orzさんの動画が一番自分は分かりやすかったです。
https://www.youtube.com/watch?v=jVUHGaM8xXw
この動画で得られた知識は、

移動平均線とは?

・一定期間の終値の平均値を結んだ折れ線グラフ
・ローソク足が更新されると、区間を移動し都度平均値を結んで線にするので移動平均線という
・FXでは、トレンドの向きや規模を分析するのにつかわれる、インジゲーター
・期間を増やすと移動平均線はなだらかになる


なぜ支持帯、抵抗帯として機能するのか?

・移動平均よりローソクの足が上の場合、平均より高いので買う人が発生する
・買いたい人は一番安い金額で買いたいので、平均線ギリギリで買うはず、結果抵抗帯となる
・移動平均よりも下の場合、売りたい人の方が多く、売りたい人は一番高い金額で売りたいので、平均線ギリギリでうる
・世界で一番使われているインジゲーターなので、支持帯、抵抗帯として機能するものと皆考えることで、そうなっているのではないか

ここのお話はfx neet orzさんの主観もあるとのことでした。
でも自分は納得感ありました。

組み合わせは??

・期間の違う移動平均線を複数表示させる
 → 短期、中期、長期でゴールデンクロスなどを見る
・移動平均線から派生したインジケーターと組み合わせる
 → おすすめはMACD、移動平均線で起きる判断の遅れを補ってくれるから

次の勉強は?

移動平均線の勉強だけでもかなりすっきりした感じですが、これだけでは目標の「買い売りタイミングを知る」ことはできないので、次の勉強に移ろうと思います。

次は、「組み合わせは??」で出てきたMACDにしようかと。

理解できたら記事にしてようと思います。
それではありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました