【40代とスキル】契約書製本の方法(コツ)

こんにちは。

契約書の製本したことあります??

先日初めてやりました。
今まで契約を巻いたことはあっても、巻いた契約書を自分で製本したことはなかったです。

製本の流れ

まず製本完了までの大まかな流れですが、

①契約書をキレイに揃える
② 契約書の左側を2か所ホッチキスで止める
(量が多い場合は3か所)
③ホッチキスで止めた側を製本テープでとめる

とこんな感じです。
簡単じゃーんと思うでしょ??

これが意外と難しい。。。
難しいというよりイライラする!!

そのテープとは↓これ。

何が難しいのよ??

何が難しいのか。
それは、とにかく真っすぐ貼れない。。。

製本テープを持って貼ろうとすると当然貼る面が見れないのでズレる。
契約書を持って製本テープに貼ろうとすると、貼ろうとする部分と違うところいつのまにやらくっついている。。。

一番イライラするのがいつのまにかくっついていること。
仕方ないので剥がそうとすると意外とくっついていて、無理に剥がすと製本テープがシワシワになるか契約書の表面がはがれる。。。

コツは??

今回かなり失敗しました。
何枚の紙と製本テープを無駄したことか・・・

そして、、、これなら失敗しないで(多分)できる製本のコツを見つけました!

①製本テープの真ん中を軽く山折りして線を付ける
②最初に貼る部分のシールを剥がす
③剥がしたシールの真ん中を凹ます
④契約書の両端から貼っていく
⑤上下の羽を貼る
⑥ 残りのテープを事前に折り目をつけていたところから貼る

特に重要なのは③と⑥。

製本テープを真ん中を凹ますことで、契約書を貼るときいつのまにやらくっついているをかなり避けることができます。

そして⑥の工程。

④の工程でどんなにうまく貼れてやっぱりズレるんです。
そのずれを⑥の工程で直そうとすると皺が入りやすく、さらに曲がってしまいます。

どんなにズレてしまっても折り目から折る!!これです!!
ですが、本当に曲がりすぎてたらそれは諦めて新しいのにチャレンジしてくださいね。

以上です。

もし契約書の製本をすることがあれば試してみてください。

ありがとうございました。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました